花粉症の症状を改善するには?効果的な対策と薬

花粉アレルギー

鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの3大症状に加え、目のかゆみなどが起こる花粉症。

花粉症は、花粉が原因で発生するアレルギー反応のことです。

つらい花粉症の原因やメカニズム、専門の治療薬を紹介します。

今までに市販薬を飲んでみたけど改善されなかった人には是非とも最後まで読んで頂きたいと思います。

様々な市販薬で症状が改善・緩和されなかった人もいると思います。

花粉症用の専門的な薬は通販でも買うことができます。

いち早く薬をお探しの方は「花粉症を改善する薬」へどうぞ。
高品質なメーカー正規品を通販最安価格で扱っています。

花粉症のメカニズム

花粉症とは、体内に入ってきた植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。

その後再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。

最近では複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩ま されるという人も少なくありません。

花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。

花粉症の原因となる環境

花粉症を発症する人は、遺伝的なアレルギー体質であると言われています。

ただ、体質以外にも花粉症を発症しやすくなる環境があります。

  • 食生活
  • 睡眠不足や不規則な生活
  • ストレス
  • 排気ガス
  • アスファルト

自律神経を乱す睡眠不足や不規則な生活、そしてストレスも原因と言われています。

生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることで花粉症が楽になるかもしれません。

また、花粉の飛散が多い地域では、花粉症の有病率も高い傾向にありますが、排気ガスの影響も受けていると言われています。

排気ガスのなかに含まれる微粒子と一緒に花粉を吸いこんでしまうと、アレルギー反応が出やすくなると言われています。

アスファルトは落ちた花粉が何度でも風に舞い上がり、空中を飛んでしまうので、花粉を吸い込みやすくなります。

大きな道路の近くや都会に住んでいる人は普段からマスクをするなど対策が必要です。

花粉症の時期と植物

日本で花粉症を引き起こす原因として最も多いものは、スギやヒノキの花粉です。

症状が発生する時期によって、花粉症の原因となっている植物が分かるかもしれません。

2月~3月:スギやヒノキの花粉
4月~6月:カバノキ科の花粉
5月~8月:イネ科の花粉
8月~9月:雑草の花粉

ほぼ年間を通じて何らかの花粉が日本中で飛散しています。

複数の種類の植物に対してアレルギーが起こる人は、時期が重なっている時はより辛くなると言われています。

花粉症の対策・治療

花粉症の対策としてできることや、治す方法を紹介します。

症状を緩和する対策

物理的に花粉症を対策する方法。

  • 花粉の多い時期には窓を開けない
  • 洗濯物や布団を外に干さない
  • 眼鏡やマスクなどを着用する
  • 部屋の掃除、特に窓際の掃除をする
  • 表面がけばだった衣類の着用は避ける
  • 帰宅したら衣服や髪についた花粉をよく払う
  • 寝具の洗濯によるアレルゲンの除去

これらを行うことで花粉症の症状を緩和させることができます。

花粉症に効く薬

花粉症には抗ヒスタミン薬が有効です。

アレルゲンが体に入ると、肥満細胞からヒスタミンが出てくしゃみや鼻水を起こします。

このヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬が効果を発揮します。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンがその受容体と結合しないように直接ブロックする働きをします。

市販されている花粉症の薬には抗ヒスタミンや抗アレルギーが配合されていない商品があります。

一時的に症状を押さえ込んでいるだけなので、長期的な改善には繋がりにくいです。

市販薬では満足な効果が得られなかった人は抗ヒスタミンの花粉症薬を使用してみましょう。

※抗ヒスタミンには眠くなる成分が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました