美容サプリ『グルタチオン』の効果について

ダイエットアンチエイジング

近年、グルタチオンと呼ばれる成分が美容や健康に良いとされ注目されています。

グルタチオンは美容クリニックなどで行う点滴療法で体内に補充したり、サプリメントでも摂取することができます。

  • 美容
  • デトックス効果
  • 美白
  • アンチエイジング
  • 肝臓の健康

など様々な効果があるとされているグルタチオン。

グルタチオンの成分についてと得られる効果を紹介します。

グルタチオンとは?

L-グルタチオン(グルタチオン)は、グルタミン酸、システイン、グリシンという3種のアミノ酸から成るトリペプチドのことです。

グルタチオンは細胞内でつくられ続けますが20代をピークに減少します。

肝臓や心臓、肺、血液など、あらゆる組織に含まれている成分です。

体の免疫システムにおいて重要な役割を担っているグルタチオンの大きな働きは、体内で発生する過酸化物や活性酸素種を還元するという抗酸化作用です。

たんぱく質として強力な抗酸化機能があり、免疫機能を高め老化や病気から体を守ってくれる役割を持っています。

3種類のアミノ酸について

グルタチオンを構成する3種類のアミノ酸成分を簡単に説明します。

グルタミン酸

脳にエネルギーを与えて成長ホルモンの分泌し、免疫力を高めます。

体に悪影響を与えるアンモニアをデトックス(解毒)し、疲労回復する効果もあります。

システイン

皮膚に含まれる黒色メラニンの沈着を防ぎ、肌色メラニンを生成します。

シミやそばかすを改善する美白効果があります。

また、体の代謝を活性化する働きがあります。

グリシン

コラーゲンの3分の1を構成するアミノ酸で、肌のバリアー機能を高めます。

肝臓のデトックス作用もあり、アルコール代謝を促進します。

グルタチオン不足による影響

肝臓自体がエネルギー代謝などの働きで忙しい時や、体調不良によって機能が低下している時にはグルタチオンが不足してしまいます。

その中でもグルタチオンが不足する原因とされているのが有害物質に対するグルタチオンの消費です。

老化や病気の原因となる有害物質によってフリーラジカルが発生しグルタチオンが減少していきます。

グルタチオンの不足は肌荒れや代謝・肝機能の低下、慢性的な疲労などにつながり、老化を進行させてしまいます。

免疫機能も低下します。

このことからグルタチオンはアンチエイジング効果がある成分としても注目されています。

グルタチオンの効果

グルタチオンは様々な効果をもたらしてくれます。

美容サプリとして注目されていますが、健康にも恩恵がある成分です。

美容にもたらす効果

美白にもたらす効果

グルタチオンは肌に関係しています。

グルタチオンを構成しているアミノ酸の一つであるシステインは、日焼けでできる黒色色素メラニンを抑える働きがあるといわれています。

また、シミやそばかすを改善する効果も期待できます。

  • ターンオーバー(肌の代謝)を正常化
  • 体の代謝(エネルギー産生)
  • 抗酸化作用

体の内側からシミ・肌荒れなどの肌トラブルを改善し、体の疲れ・だるさに効果を発揮します。

肌の白さを引き出してくれる肌色メラニンの生成も促します。

デトックス効果により有害物質を排出することでダイエットにも良い効果があるとも言われています。

アンチエイジング効果

老化防止(アンチエイジング)は体内の酸化を防ぐかが重要だとされています。

体内の酸化を防ぐのにグルタチオンが有効であると言われています。

体内の酸化を防ぐことで若さを維持させる効果が期待できます。

健康にもたらす効果

デトックス作用

デトックスとは体内に溜まった有害な毒物を排出させることを意味します。

グルタチオンは有害物質をデトックスすることで代謝機能に関係する酵素を活性化。

肝臓の機能を回復させてくれるため、二日酔い対策としても効果があります。

有害物質を排出する働きがダイエットにも用いられることがあります。

免疫力強化と疲労回復

グルタチオンは強い抗酸化作用により、免疫機能を高めます。

免疫機能の向上は疲労回復にも効果があります。

タイトルとURLをコピーしました