ピルの種類や効果について

錠剤の写真ナイトライフ

避妊の方法の一つとしてピルがあります。

ピルは正しく服用することで99%避妊することができるとされています。

現在はインターネット通販でも販売されており、産婦人科やクリニックへ行かなくても購入することができます。

避妊については女性だけの問題ではありません。

服用するのであればパートナーの男性もピルについて詳しく知っておく必要があります。

低用量ピルが一般的

低用量ピルが一般的に服用されます。

毎日正しく服用することで99%の避妊効果があります。

低用量ピルの効果

飲み忘れたりした場合でもすぐに内服することで約92%避妊できるとされており、非常に避妊効果が高い薬です。

どの種類の低用量ピルであっても、避妊効果は同様に高いとされています。

服用を中止してから排卵なども回復を始めるため、妊娠することも可能になります。

ホルモンバランスが整うことによってPMS(月経前の間に続く精神的あるいは身体的症状)の改善やニキビ・肌荒れなどにも効果があります。

長期間服用することによって性周期の回復が見込める上、低用量ピルには不妊の原因となる卵管内や骨盤内の感染症も防ぐ効果があります。

低用量ピルのもたらす効果

  • 高い避妊効果
  • PMSの改善
  • ニキビや肌荒れの改善
  • 生理痛・生理不順・子宮内膜症・排卵痛の改善
  • 卵巣がん、子宮体がんの予防

低用量ピルの注意点

服用最初の数日間は副作用として、吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなど、妊娠初期に似た症状が起こることがあります。

これらの副作用は体が慣れるまでの一時的なもので、ほとんどは4~5日でおさまります。

ピルは女性ホルモンが主成分の薬であるため、乳がんなど女性ホルモンに由来する病気にかかっている・かかったことのある方は服用することができません。

また、ピルの成分であるエストロゲンに血液を固まりやすくさせる特性があるため、血栓症のリスクが高くなる可能性のある方も服用できません。

健康で煙草を吸わない方にはピルの服用によって血栓症を引き起こすリスクはほとんどありません。

低用量ピルを服用しながらの喫煙は血栓症や他さまざまな疾患のリスクを非常に高めます

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピル(緊急避妊薬)は性交渉後に服用する事後避妊薬として知られています。

文字通り避妊に失敗した後に服用する薬です。

行為後72時間に服用することで約80%避妊することができます。

72時間以内とされていますが、早めに飲んだ方が避妊効果は高くなります。

排卵前の卵胞期にアフターピルを服用することで正常な排卵を抑制します。

約80%の女性が5日間以上避妊効果が続き、アフターピルを内服してから5~7日間は排卵がなくなります。

この期間の間に性器内に侵入しているすべての精子が受精能力を失うため、妊娠を成立させない交換があります。

アフターピルの注意点

副作用として出血と月経の乱れがあります。

出血については内服から7日以内に約16%の女性が月経と無関係な出血をしています。

また、約50%の女性が、月経が数日前後ずれています。

アフターピルは市販薬として購入することはできません。

海外からの購入代行サイトではジェネリック製品を安く入手することはできますが、商品の到着に時間がかかるので避妊が間に合いません

産婦人科やクリニック以外で入手するのであれば、事前に購入しておくか、72時間以内に届く必要があります。

アプリ『スマルナ』であれば緊急時でも間に合わせることができます。

副作用と緊急避妊の確率からしても低用量ピルがおすすめです。

必要に応じて選ぶ

安全性や副作用、2次的な効果からは低用量ピルによる避妊がおすすめです。

正しく服用することで非常に高い避妊効果を得ることができます。

ただし避妊を継続する必要がない場合や、継続的に低用量ピルを飲み続けることができない場合はアフターピルによる緊急避妊をすることになります。

もしもの為にアフターピルを備えておくこともいいかもしれません。

海外メディカル専門店『ネイル-Nail-』避妊薬であればジェネリック製品を安く手に入れることができます。

ただし72時間以内に必要であれば最短24時間以内にピルが到着するアプリ『スマルナ』を活用できます。

避妊薬の特徴と必要性に応じて最善な方法を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました