インドで生まれた生命科学「アーユルヴェーダ」

製品知識

自分の体と心を見つめなおす 〜アーユルヴェーダは個性をとらえる医学〜

インドで生まれた生命科学

アーユルヴェーダとは、アーユスとヴェーダが結合した言葉で、約5000年前にインドで発祥しました。

「アーユス」は生命や寿命、
「ヴェーダ」は真理や科学などの意味を持つことから、
「生命科学」と訳されています。

インドに伝わる古典医学書『チャラカ・サンヒター』には、

アーユルヴェーダとは、アーユス(生命あるいは寿命)を知らしめるからアーユルヴェーダと呼ばれる。
それ(アーユス)の本来の特徴に基づいて、
また幸福と不幸に基づいて、
また、有益と無益に基づいて、
また、ものとその働きのうち、長寿に役立つものとそうでないものを知らしめるからアーユルヴェーダと呼ばれる。

とあります。

つまり「アーユルヴェーダとは、幸福で有益な長寿のための智恵である」と理解することができます。

アーユルヴェーダの考え方

幸福とは「なる」ものでなく「幸福であることに気づく」ものだというのも、アーユルヴェーダの考え方です。

幸福とは、外部から何かを加える、ことによって到達するのではなく、すでに持っているものに気づき、整えることだと考えているのです。

自分の内側にある幸福への気づきこそが、アーユルヴェーダが目指しているものです。

2700年前に書かれた『スシュルタ・サンヒター』には、アーユルヴェーダの健康の定義として、3つのエネルギー(ヴァータ・ピッタ・カパ)のバランスがとれていることをあげでいます。

これらのエネルギーバランスがとれることにより、肉体的に調整され、快眠・快食・快便であり、体内組織のバランスがとれでいるという状態に加え、毎日が楽しくて観るもの聴くものに幸福感を感じられる(心・五感・魂が至福に満ちている)ことが、健康の条件だと記載されています。

アーユルヴェーダは、古くから伝承されてきた、理論と方法に基づいて自分の性質を知り、エネルギーのバランスを整える方法を示しています。

健康・幸福な心身への回帰を促すことで、「健康長寿」ならぬ「健幸長寿」を実現させてくれる生命の科学なのです。

アーユルヴェーダは生命の科学であり、「病院で行なわれる医療」と「家庭の養生法」という、2つの側面を持っています。

現代でも生き続ける医療

本場インドには、現代医学が発達した今も、アーユルヴェーダの診療を受けられる病院があります。

インドでは、風邪にかかった場合には約80%もの人がアーユルヴェーダのケアを受けると言われていますし、各家庭にはスパイスボックスがあり、家族が不調を訴えれば母親がホームドクターとして薬を作ります。

台所はまるで薬局のような存在なので、「キッチンファーマシー」と呼ばれています。

各国に伝わる民間療法のなかには、理論的な根拠に乏しいものも少なくありません。

しかしアーユルヴェーダは、独自の身体観や疾病観に従って体系化され、長年にわたって継承されてきました。

独自の用語が多く、一見離しそうにも思えますが、その原理は「生命の法則」に則った極めてシンプルなものです。

知識として覚えるものというよりも、本来は万人、さらにはすべての生物の内なる智恵として、元々持っているはずのものなのです。

アーユルヴェーダでは、基本的に自分の心身の感覚に尋ねながらケアを行ないます。

本人にとって「苦しい」「つらい」「痛い」というものは強要せず、あくまで「心地よい」と感じられる状態へと導きます。

快適で安全だからこそ効果も引き出すことができますし、養生法として無理なく続けることができるのです

ただし、病院で医療として行なわれるアーユルヴューダには、ときに苦しくて危険な方法がとられていることもあります。

誰にでも実践できる予防医学

現代の日本には、情報過多な環境で忙しく過ごすあまり、自分の不調にさえも気づけない人が増えています。

体調を崩したところで、「病院に行けばなんとかなるだろう」と考えている人も多いでしょう。

しかし、医学とは本来、医師だけのものではなく、全ての人が活用できるものです。

古くから世界各国で、生活に密着した医学的知識が確立され、伝統医学として受け継がれできました。
アーユルヴェーダも、そのうちのひとつです。

現代医学は、病気の治療というゴールを目指して発展してきました。

しかし、その発展とともに病気はむしろ増加の一途をたどっています。

脳卒中で命を落とす人は少なくなっていますが、患者数は増加していますし、癌や心疾患においては患者数も死亡者数も増加しています。

生命に起こる変化は、細胞や遺伝子といった物理的な観点だけで説明できるものではありません。

健康の捉え方

病気を患った部分だけを切り取って治そうとするのではなく、生命そのものを包括的に捉えなければ解決できない問題がたくさんあるのです。

治療技術の開発に専念してきた現代医学は、実は「健康とは何か」という定義さえも曖昧です。

また、治療へと意識を向けすぎるあまり、健康の保持や増進に関する認識も低いというのが実情です。

それに対して、アーユルヴェーダをはじめとする東洋伝統医学は、共通して健康保持を見据えて設計されており、予防医学的アプローチが確立されています。

アーユルヴェーダでは、健康状態の定義として幸福感を重視し、その状態をめざして生きていくためのプログラムを用意しています。
こうしたプログラムを「健幸増進法」と呼んでいます。

こうした側面に着目し、WHO(世界保健機関)は、プライマリ・ケア(初期治療)としての伝統医学の有用性を認めています。

中でも、家庭におけるアーユルヴェーダの養生法は、自身の体と心の状態に意識を向け、
効果的なケア方法を教えるシステムとして評価されています。

自身の体への気づき

時代とともに定期検診や人間ドックが普及し、病気が早期発見されることも多くなりました。

しかし、それでも手遅れになることもありますし、健康診断や癌検診の中には、費用対効果を考えると効率が悪いものもあります。

検診による早期発見よりも、重要なのは一次予防です。

日々の生活の中で健康を保ち、予防することができれば、病気をおそれることはありません。

自分の体を医者にゆだねる前に、まずはあなた自身が自分の体と心に日を向けてケアをしてみましょう。

日々、健康に関するさまざまな情報が目に入ることと思いますが、翻弄される必要はありません。

信頼すべきは、自分自身です。

自分の体と心を教科書にして、その感覚を頼りに最適な方法を探っていけばいいのです。

まずは、目を閉じて自分の体と心を感じ、その状態を認識してみてください。

  • 精神状態
  • 感覚や体感
  • 息づかい など

じっくりと観察をした後は、なぜそのような状態なのかを振り返ってみてください。

脈や呼吸が速いのはどうしてでしょうか。

このあと予定している重要な仕事のことが頭から離れず、緊張しているせいかもしれません。

心の状態は、体のコンディションに大きな影響を及ぼします。

こうした状況で本当に必要なのは、脈や呼吸を整えるために病院で治療を受けることではないはずです。

まずは、自分の心身の感覚を重視したケアこそが有効で、その積み重ねが健康へとつながっていくのです。

ただしこれは、病院での治療を否定するというものではありません。

症状が続く場合にはもちろん、現代医学の治療を受けることも必要です。

自身への気づきを高めるためには、健康診断なども受けて、自身への気づきとすべきでしょう。

心身の個性を考慮する

人間には一人として同じ性質を持つ人はおらず、必ず個人差があります。

たとえば糖尿病などの食事療法では、運動量や体重などによってカロリー制限をすることがあります。

しかし、たとえライフスタイルや体格が似ていでも、一人ひとりの体の機能は異なります。

同じものを同じように食べていでも、消化吸収などの過程で個性が表れるため、まったく同じ反応を示すことはありません。

1日あたり1600キロカロリーで十分な人もいれば、それでは多すぎるという人もいます。

糖質制限が効果的な人もいれば、効果が現れにくい人やヘロヘロになってしまう人もいます。

このようにすべての行動において、その反応には個性が現れるのです。

しかし現代医学では、こうした個性について言及することはあまりありません。

それは、現代医学が個人を無視した一面的な観点で、集団のための医学として発達してきたためです。

アーユルヴェーダは、一人ひとりの個性を見据えたうえで、健康で幸福に生活する「健幸長寿」のための智恵を伝えています。

タイトルとURLをコピーしました